長らくブログの更新をサボっていました。

その間も当舎のイベントは進行しておりまして、特に「京都まであるく東海道」は、先行する第2シリーズ(第1土曜日開催)が静岡県に入ってしまいました。

 

東海道は湘南の海沿いに出て進みます。

箱根の山の麓にある小田原では、本陣・脇本陣跡の見学や小田原城の見学をしました。
おいしいものもたくさんありました。

 

箱根の東海道は、いまも石畳が残っており、甘酒茶屋が営業をつづけていました。

 

登りつづけて、ようやく芦ノ湖が見えました!
外輪山である箱根は、ここから下り坂になります。

 

箱根の関所です。

 

相模国最後の宿場、箱根宿には、箱根駅伝の折り返して地点もあります。芦ノ湖には海賊船が浮かんでいます。

 

そしてここが箱根峠。ここが相模国と伊豆国の境、そしてここから静岡県です。

 

山中城の跡です。土塁や空堀が残っています。

 

あたらしい名所の三島スカイウォーク。

 

坂を下る途中で雨に降られてしまいました。

 

そして三島宿へ。伊豆国一の宮の三嶋大社があります。

 

三島から沼津にかけては富士山の雪解け水が湧く地です。柿田川はその代表格。

 

そして現在は原宿まで進んでいます。臨済宗中興の祖といわれる白隠禅師ゆかりの地です。

 

ところで、ブログをサボっている間に、第3土曜日でも「京都まであるく東海道」第3シリーズがスタートしました。

 

日本橋をスタートして、現在は大磯まで進んでいます。

 

6月には国府津に到着する予定だったのですが、今年の5月6月は雨が多かったのです。「大磯~国府津」の日程が雨で延期になり、延期した日も雨が降り、とうとう9月まで先延ばしになってしまいました。

 

なお、この第3シリーズにはユーチューバーの成羽さんがご参加なさっており、毎回歩いた様子をYouTubeで紹介してくれています。

 

さて、ハプニングなどもあった「京都まであるく東海道」ですが、第2シリーズはいよいよ一泊二日の行程に入りました。10月5日から原宿からスタートし、吉原宿で一泊して蒲原宿へと向かう予定です。天気に恵まれたよい旅になりますように。

そして参加者のみなさま全てに、東海道の楽しさ素晴らしさが伝わりますように、これからのガイドも気合いを入れて参ります!

 

(歩き旅応援舎 代表 岡本永義)