歩いて見つける歴史と文化 旧街道へ、江戸へ、出かけませんか
ブログ・歩き旅応援舎営業中!

東海道、日本をつなぐ道 ー磐田~高塚編ー

3月7日と8日は「京都まであるく東海道」の開催日です。

道は遠江へと入り、いよいよ浜松へと到達します。

浜松といえば、徳川家康が長く本拠地を置き、ここから天下人へと羽ばたいていったことから「出世城」とも呼ばれています。

とはいえ、最近ではそんなことよりも鰻や餃子の方が、出世なんかよりずっと有名ではあります。

さて、今回は磐田駅から始まって、天竜川を渡り、浜松を通り過ぎた高塚まで歩く予定なのですが、これまで見てきた以下のようなものと関わりのあるものが出てきます。

(括弧内はいつものとおり「京都まであるく東海道」第2シリーズで使用している配付資料の該当部分のページです)

 

原宿 松蔭寺

臨済宗中興の祖であり、名僧といわれた白隠慧鶴和尚がいた寺です。(第5期第3回 三島宿~原宿 9ぺーじ)

 

富士川 角倉了以の碑

京都の豪商で土木事業かの角倉了以は、富士川の岩を砕いて水底をならして、富士川を通船しやすい川に変えました。(第6期第1回 原宿~蒲原宿 13ページ)

 

府中宿 宝台院と常光寺

宝台院には徳川家康の側室西郷局(お愛の方)の墓が、常光寺は更生保護事業発祥の地でした。(第6期第3回 東静岡~藤枝宿 5ページ)

 

小夜中山峠 阿仏尼の歌碑

阿仏尼は鎌倉時代に京都から鎌倉への旅の様子を「十六夜日記」記した女流歌人です。(第7期第1回 藤枝宿~掛川宿 13ページ)

 

掛川宿 戦国時代の掛川城本丸跡

今川氏真はこの掛川城で徳川家康に降伏し、戦国大名今川氏は滅びてしまったのです。(第7期第2回 掛川宿~磐田 3ページ)

 

見付宿 見付端城跡

徳川家康は、当初は見付に城を築こうとしていました。その予定地だったとされる見付端城の跡には、土塁だけが残っています。(第7期第2回 掛川宿~磐田 13ページ)

 

さて、これらのものが、どのような形で磐田から高塚の東海道につながってくるのでしょうか?(9日以降に加筆します)

(歩き旅応援舎代表 岡本永義) 

 

東海道、日本をつなぐ道 ー磐田~高塚編ー

3月7日と8日は「京都まであるく東海道」の開催日でした

残念ながら8日は雨のため予定していた行程を進むことができませんでしたが、磐田駅から天竜川駅までの東海道を歩いてきました。
今回あるいた区間にも、これまでに歩いた東海道で見てきたものに関連するものがたくさんありました。雨のために実際には歩けなかったところも含めてお話ししますと、たとえば・・・

(括弧内はいつものとおり「京都まであるく東海道」第2シリーズで使用している配付資料の該当部分のページです)

 

原宿 松蔭寺

高塚駅近くの地蔵院は、徳川家康の正室だった築山御前の念持仏だったと伝わる地蔵像を祀るお寺です。このお寺では貴重な文化財を所有しています。臨済宗中興の祖、白隠慧鶴禅師の書いた「八重葎」です。

白隠禅師といえば、原宿の松蔭寺の住職だった僧侶です。(第5期第3回 三島宿~原宿 9ぺーじ)

「八重葎」は仏教の修行のための書ですが、その冒頭は高塚に住んでいた麦飯長者の4人の幼い孫娘たちが、相次いで死んだ両親のために写経をする話から始まります。東海道を旅する途中、高塚で麦飯長者の孫娘たちの話を聞いた白隠禅師が、「八重葎」を著すにあたって取り入れたのです。

 

富士川 角倉了以の碑

富士川をわたったとき、その西岸には角倉了以の碑がありました。京都の豪商で土木事業家の角倉了以は、富士川の岩を砕いて水底をならして、富士川を通船しやすい川に変えました。そのため碑が建てられていたのでした。(第6期第1回 原宿~蒲原宿 13ページ)

その角倉了以は、徳川家康の命によって天竜川の開削工事も行っています。これによって、天竜川は船での物資運搬が可能になり、おもに上流の信州で切り出された良質の材木が運ばれてくるようになりました。

そのため材木の中継地点であった中ノ町は大いに栄え、明治以降には銀行や映画館、軽便鉄道もあったくらいでした。今でも伊豆石で造られた立派な蔵を見ることができます。

 

府中宿 宝台院と常光寺

府中宿の宝台院には徳川家康の側室西郷局(お愛の方)の墓がありました。(第6期第3回 東静岡~藤枝宿 5ページ)

この西郷局の産んだ子が、江戸幕府の2代将軍となる徳川秀忠です。西郷局は浜松城下にあった屋敷で秀忠を出産しました。そのときに産湯に使う水を取った井戸は明治時代までは残っていました。現在は井戸があった場所に近い遠州鉄道の遠州病院駅の脇に、井戸枠の形をしたオブジェが置かれています。

 

天竜川は流れが速く、江戸時代には船渡しが行われていました。その渡し場も東海道から1キロ近く上流にありました。船が下流に流されて、流れ着いたところが東海道のつづきというわけです。

現在は平成18年に完成した新天竜橋があり、広い歩道を歩いて安心して川を渡ることができます。

天竜川の西岸に安間村という村がありました。ここの名主の家が残っています。

 

明治時代、この家の当主が偉大な事業家でした。金原明善です。

常光寺は更生保護事業発祥の地でした。(第6期第3回 東静岡~藤枝宿 5ページ)

 

小夜中山峠 阿仏尼の歌碑

阿仏尼は鎌倉時代に京都から鎌倉への旅の様子を「十六夜日記」記した女流歌人です。(第7期第1回 藤枝宿~掛川宿 13ページ)

 

掛川宿 戦国時代の掛川城本丸跡

今川氏真はこの掛川城で徳川家康に降伏し、戦国大名今川氏は滅びてしまったのです。(第7期第2回 掛川宿~磐田 3ページ)

 

見付宿 見付端城跡

徳川家康は、当初は見付に城を築こうとしていました。その予定地だったとされる見付端城の跡には、土塁だけが残っています。(第7期第2回 掛川宿~磐田 13ページ)

 

さて、これらのものが、どのような形で磐田から高塚の東海道につながってくるのでしょうか?(9日以降に加筆します)

(歩き旅応援舎代表 岡本永義) 

 

最近の投稿

イベント案内メール

登録フォーム

週末に開催予定のイベントの案内を概ね水曜日ころ発信しています。受信ご希望の方はこちらにメールアドレスを入力してお申込みください。

【注意】
メールアドレスに間違いがないかよくご確認ください。
携帯電話の場合は「info@arukitabi.biz」を受信リストへの登録をお願いします。

 

PAGETOP
Copyright © 歩き旅応援舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.