夏 で す !

 

暑い日は薄着をするのは当たり前、できれば半袖短パンで過ごしたくなります。

でも、夏に町あるきなどで長時間強い日差しの中を歩く場合には、半袖短パンなど露出の多い服装は禁物です。

夏の日差しの強い日の外歩きには、是非薄手の長袖、長ズボンやアームカバーなどで露出を抑えて出かけてください。

理由は強い日差しを浴びすぎることは体への負担が大きく、体調を崩す原因となるからです。

急激な日焼けで何日も痛い思いをすることを防ぐばかりではなく、直射日光を遮ることで体温の上昇をある程度抑えられます。

熱中症の予防にも、一定の効果があると思われます。

ただ、秋冬物の厚手の長袖はいけません。かえって体温がこもってしまい、熱中症など体調を崩す原因になってしまいます。

夏の日差しの強い日は、麻や速乾素材の薄手の長袖、帽子や日傘などで直射日光を避け、外歩きで体調を崩さないようにいたしましょう。

もちろん、飲料や塩飴、汗ふき用のタオルもお忘れなく。

強い日差しに気をつけて、快適にこの夏を過ごしてください。

半袖短パンが快適なのは室内や日陰だけ。長時間の外歩きでは薄手の長袖を。

あまり服装の参考にならない写真ばかりですいません・・・。

 

(歩き旅応援舎代表 岡本永義)