ブログ

ブログ
細ながい餅の話

東海道を歩いて京都へ向かい、桑名に上陸すると(とはいっても、現在は船ではなく電車で桑名に行きますが)、伊勢路には大福餅が細長いという食文化があります。 これはどうやら伊勢神宮へといたる伊勢街道(日永で東海道から分かれて伊 […]

続きを読む
ブログ
虎ノ門じゃないけど虎ノ門

東京都港区に虎ノ門という地名があります。 よく知っているという人も、行ったことがなくても聞いたことがあるという人も、ともにいらっしゃると思います。 当舎の古地図散歩「江戸城外堀一周」では必ず通る場所ですので、私たちガイド […]

続きを読む
ブログ
徳川四天王の家に行った

先日のNHK大河ドラマ「どうする家康」にも出てきましたが、徳川家康には「徳川四天王」と呼ばれる家臣たちがいました。 酒井忠次 本多忠勝 榊原康政 井伊直政 徳川家康の生誕の地である岡崎の中央緑道に、彼らの像があります。 […]

続きを読む
ブログ
全然おめでたくない富塚

「富塚」という地名は日本中にたくさんあります。それによく似た地名もたくさんあります。 裕福を意味する「富」という字が使われていて、なかなかおめでたい地名のようにみえます。 でも、どうやらどうではないようなのです。 「富塚 […]

続きを読む
ブログ
佐鳴湖のほとりにて

浜松に行ってきました。その浜松と浜名湖のちょうど中間くらいに、佐鳴湖という小さな湖があります。 この付近は過去には海だったらしく、湖の隣の高台、佐鳴台でが貝塚が発掘されています。蜆塚貝塚と呼ばれています。 それがはるかな […]

続きを読む
ブログ
今川橋のあとどころ

日本橋を通る中央通りには、今川橋交差点というところがあります。 「今川橋」といっても、近くに川はありません。 でも「江戸名所図会」にはこのような挿絵が。 実は昭和25年に埋められるまで、江戸時代に掘られた人工の川があった […]

続きを読む
ブログ
三越のイルカたち

日本橋三越(三越日本橋本店)は、江戸時代初期に創業した越後屋呉服店がはじまりの老舗です。 「日本一の大店」とも呼ばれるお店です。江戸時代の浮世絵にも、三越(井桁の中に「三」の暖簾」が描かれたほどです。 現在の店舗は、昭和 […]

続きを読む
ブログ
万世橋に駅があった話

昭和18年(1943)まで、JR中央線(当時は国鉄)の御茶ノ水駅と神田駅の間には、万世橋駅がありました。 場所はここ。 この駅が開業したのは明治45年(1912)、今も高架部分のイギリス積みのレンガが残っています。 その […]

続きを読む
ブログ
変わりゆく日本橋

久しぶりに日本橋近辺を歩いてきました。 日本橋の上に架かっている高速道路は、2040年を目標に地下に移設されることになっています。 理由は日本橋の上の高速道路が老朽化してきたことに加えて、「日本橋の上に空を!」という声が […]

続きを読む
ブログ
築山殿って、いったい誰なの?

先日のNHK大河ドラマ「どうする家康」では、徳川家康の最初の正妻築山殿(ドラマでの名は瀬名)の最期が描かれました。 【🎬 #2分でどうする】 第25回「はるかに遠い夢」 戦のない未来を信じて ━━ 。 瀬名と信康の決断と […]

続きを読む