※4月23日の首相・都知事の記者会見の結果を持って加筆しました。今後も情勢に応じて加筆・修正する可能性があります。

4月25日から5月11日にかけて3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に発令されることが発表されました。

緊急事態宣言期間中に当舎では以下のイベントの開催を予定しております。

4月25日 古地図散歩に行こう!丸の内・大手町
同日 古地図散歩に行こう!本郷~茗荷谷
5月1日~2日 京都まであるく東海道 亀山宿~土山宿

5月3日 特別企画 江戸城外堀特集1、2
5月4日 特別企画 江戸城外堀特集3、4
5月5日 特別企画 江戸城外堀特集5
5月9日 日帰りであるく東海道 国府津~小田原

これらの当舎主催イベントにつきましては、予定どおり開催いたします。

 

緊急事態宣言は、言うまでもありませんが新型コロナウイルス感染症のこれ以上の感染拡大を防ぐことを目的に発出されるものです。
この目的には、当舎代表の岡本といたしましても全面的に賛同いたしております。

そして感染の広がりは、近距離で対面してマスクなしで会話をすることで起こる飛沫感染によるところが一番大きく、それに次いで手にウイルスが付着した状態で鼻や口を触る接触感染が主たる要因となっております。

すなわち外出すること自体、あるいは都府県境を越えること自体は感染拡大の要因ではありません。外出した先、都府県境を越えた先で飛沫感染、接触感染が起こるような上記の行動を取ることが、感染拡大につながっているのです。

 

そのためイベントの開催自体を中止することはありませんが、感染の拡大を防止する方策をとることは絶対的に必要です。

そこでお申し込みを検討中、あるいはすでにお申し込みをすませてご参加を予定しているみなさまにお願いがあります。

  1. 飛沫感染を防止するため、会話をするときには、必ずマスクを着用してください。
    歩きますので息苦しくなったらマスクを外してもかまいませんが、他の人と話すときには必ず再びマスクを着けてください。また、イベント前後に立ち寄る飲食店での食事中も、入浴施設での入浴中も、たとえ屋外であっても、他の人と話をするなら必ずマスクを着用してください。
  2. 接触感染を防止するため、こまめな手洗いと手の消毒をしてください。
    これらをする前の手で鼻や口を触らないでください。鼻を掻くときに、マスクの中に指を入れてはいけません。感染の危険があります。鼻がむずむずしたらマスクの上から掻いてください。
  3. 連れだっての飲食はしないでください。
    食事をするときには、マスクを外さざるを得ません。マスクを外している間は一切会話をしないことが理想ですが、これを実行できますか? 実行できない人が多いことと思います。ですから連れだっての飲食はやめてください。ご自宅に帰ってから食べるか、1人で飲食店に行くようにしてください。
  4. 地元の人たちとの無用の接触は避けてください。
    長距離を移動する「京都まであるく東海道」「日帰りであるく東海道」は特にそうですが、行った先ではマスクをしていない地元の人たちがかなりいます。彼らとの会話は、彼我双方に感染の危険があります。また、県外から人が来ることを快く思っていない人もいます。トラブル防止の意味も含めて、地元の人たちとの接触はできる限り避けてください。
  5. 感染症を発症した場合はご連絡ください。
    当舎のイベントにご参加の後おおむね2週間以内に、万が一新型コロナウイルス感染症を発症された場合は、さらなる感染拡大の防止と他のお客様への注意喚起のためにも、すみやかに発症した旨を当舎までご連絡ください。

感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言中にイベントを開催する以上、イベント中とそれに絡んだ機会での感染拡大は絶対的に回避しなくてはなりません。
上記の1~5はお願いではございますが、正当な理由なく拒否される人にはイベントへの参加をお断りすることもあります。

よろしくご協力をお願いいたしますとともに、お申し込みをお待ちいたしております。