江戸の古地図を見ながら東京を歩く、日本橋から京都三条大橋まで東海道を歩くなどのガイドイベントを開催。土日祝日開催で現役世代向け、オリジナルで詳細なガイド、リーズナブルな料金で他では体験できない街歩き、街道歩きを実現。代表岡本永義
古地図散歩

今月

【受付終了】10/1(土)9:00~12:00
特別企画 江戸城外堀一周3
ガイド:星野多慧

東京の中心部をめぐっている江戸城外堀を3日間で一周します。3回目は溜池山王から四ッ谷まで。日本有数の飲食店街である赤坂は、外堀があることでできあがったのを知っていますか? 勝海舟も住んだ赤坂の町とともに、今も残る外堀の城門の石垣や土塁、大名庭園などを歩いてめぐります。
参加費2500円(4と一緒にお申し込みで割引あり)
雨天予報で中止になった9月24日の代替です。

【受付終了】10/1(土)13:30~16:30
特別企画 江戸城外堀一周4
ガイド:星野多慧

江戸と東京の町に大きな影響を与えた外堀を3日間で一周します。3回目は四ッ谷から水道橋まで。現在も残る外堀に沿って、JRの線路が走り駅がある理由とは? そして外堀沿いに連なる坂道には、様々な名前や言い伝えがあります。これらの意外な真相とは? 歩けばすべてが見えてきます。
参加費2500円(3と一緒にお申し込みで割引あり)
雨天予報で中止になった9月24日の代替です。

【受付中】10/9(日)~12/11(日)9:00~16:30
日帰りであるく東海道 第3期 藤沢宿~国府津
ガイド:岡本永義

月に1回、東海道を歩きます。第3期は3回にわたって藤沢宿から国府津駅へと歩きます。小栗判官伝説の藤沢、皿屋敷の元ネタのある平塚、曾我十郎と虎御前の悲恋が伝わる大磯など、海沿いの道には様々な物語が残されています。最後は親鸞聖人が湘南布教の拠点とし、初期の鉄道のターミナルだった国府津まで歩きます。
参加費3500円

【受付中】10/15(土)~12/18(日)10:30~16:30
京都まであるく東海道 第7期 磐田~国府
ガイド:岡本永義

月に1回、東海道を歩きます。第7期は東海道を歩く上での転機といってよいでしょう。天竜川や浜名湖の渡し場跡、現存する関所建築、脇本陣、海を見下ろす高台の景観などを過ぎた先では、ついに長かった静岡県を抜けるのです。その先は愛知の三河地方、巨大な本陣建築や今川氏が三河攻略の拠点とした吉田城なども訪れます。東海道、いよいよ佳境です。
参加費5500円

【受付中】10/23(日)9:00~12:00
歩き旅応援舎古地図散歩 墨東運河往復4 仙台堀川後編
ガイド:岡本永義

江戸時代前期に開かれた運河である仙台堀川。周囲には江戸最大の貯木場があり、木材運搬用に大小多くの水路が設けられました。貯木場は移転し、水路もほとんど埋められて変貌した町で、かつての名残を探して歩きます。
参加費2500円

【受付中】10/23(日)・11/3(木・祝)
初めての人のためのお試し古地図散歩[無料]
ガイド:岡本永義

歩き旅応援舎の町歩きイベントに一度も参加されたことがない皆様のための「試供品」古地図散歩です。20~30分の短い区間を歩きます。歩き旅応援舎のイベントに、これまで一度もお申し込みをしたことのない人が対象です。
参加費無料

東海道五十三次 四百年の歴史をあるく
税込み価格 \1620
歩き旅応援舎代表 岡本永義著

今月のイベント

来月のイベント

イベント&グッズ案内メール

会員登録

イベントの開催予定とグッズの販売情報をメールマガジンで発信しています。受信ご希望の方はネットショップ「歩き旅応援舎グッズ販売」に会員登録をお願いします。

【登録手順】
この一文をクリックして新規会員登録画面を開き、メールアドレスを入力して「送信する」をクリック。届いたメールのURLを開いて、パスワードを登録します。そのとき「ストアからのメールマガジン」を必ず「ON」にしてください。


【登録時の注意】
メールマガジンの受信だけでしたら、グッズの購入もメールアドレス以外の情報の登録も必要ありません。
また、新商品や割引セールの案内が不要な場合は「セールや新着情報のお知らせ」を「OFF」にしてください。

【解除手順】
ログイン→マイページ→アカウント設定→メルマガ配信設定と進み、「ストアからのメールマガジン」を「OFF」にしてください。

PAGETOP
Copyright © 歩き旅応援舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.