Twitterで今後のイベントの予定などをツイートしています

 

「歩きたい!」というお客様が1人でもいらっしゃれば、イベントを開催いたします!

個人情報について

 

当舎代表岡本永義の著書です。東海道を歩かれる皆さまにお薦めします。

 

個別注文も承ります

個人・団体様からの個別の注文をお請けいたします。古地図散歩に行きたいコース、または行きたい場所をメール(info@arukitabi.biz)にてお知らせください。

 

キャンセルの場合
必ず前日までに電話かメールにて連絡をお願いします
キャンセル料はかかりません

電 話
042-374-8986
(9:00〜21:00)

メール
info@arukitabi.biz
(24時間)

※間違い防止のため、キャンセルのお申し出には「お申し込みフォーム」を使用しないでください。

 

 

こちらでも古地図散歩
を開催しています

セブンカルチャークラブ

よみうりカルチャー

イオンカルチャークラブ

目黒学園カルチャースクール

街歩きの達人

L.L.Bean

散歩かふぇちゃらぽこ

今年からお申し込みの締め切りが、

開催前最後の平日に変更されています。

お申し込みの際はご注意ください。


1月29日放送の「テイバン・タイムズ」はこちら

歩き旅応援舎ガイドの岡田英之が出演しています!


2017年版 街道手帳

日付欄に干支や月齢、旧暦の日付を記載。 さらには付録も充実しており、何年前が付記された西暦・和暦の対照表、アイウエオ順の元号索引、古い石碑などに刻まれた変体崩し字の読み方や、石仏・石塔・寺社建築などの解説も掲載。 街道歩きばかりではなく、古地図散歩などの歴史や文化を訪れる街歩きにも使える非常に便利な手帳です。

     ↑画像↑をクリックするとAmazon.comに移動します



歩き旅応援舎で働きませんか?
ガイド志望者募集!


お申込み受付中の  
  町あるきイベント

現地集合・現地解散 3時間で5〜6km
1人〜10人程度の少人数で和気あいあい
快い疲れと充実感が残る町あるきです
お一人でも、ご家族とでも、
あるいはお友達と誘い合わせても

お申込みをお待ちしております!

各イベントをクリックすると詳細が表示されます

お申し込み期間について

この欄に開催予定が掲載されたと同時に、お申し込みを受け付けを開始し、開催日前最後の平日の午後10時に締め切ります。 締め切り前であっても、早期に残数がわずかになった場合は一旦受け付けを休止し、締切日3日前に受け付けを再開します。 そして定員に達するか、あるいは締切日まで受付を行います。 開催日間近まで予定のわからない皆さまも、予定が確定してから安心してお申し込みください。

2月19日 古地図散歩に行こう!江戸城外堀5

江戸城外堀コースの最終回、水道橋から隅田川まで歩きます。 江戸の町づくりに由来する水道橋や神田明神、近代化遺産である万世橋駅跡などをめぐりつつ、外堀最終地点の柳橋を目指します。 5回にわたった江戸城外堀の旅のフィナーレとなるコースです。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

受付を終了しました

2月25日 古地図散歩に行こう!三田寺町・増上寺

江戸の“都市計画”に基づいてつくられた寺町を、三田台と芝に訪れます。 様々な歴史や伝承が残る寺々をめぐりながら、江戸から東京への町の移り変わりを見て回りましょう。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

2月26日 古地図散歩に行こう!日本橋稲荷神社めぐり

旧日本橋地区の稲荷神社をめぐります。 江戸でもっとも多い神社だった稲荷神社。 大きさも成り立ちも神社それぞれ、いろいろな個性があって面白いんです。 今回は庶民に愛された稲荷神社全20社をめぐります。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

2月26日 古地図散歩に行こう!赤坂細道めぐり

おしゃれなレストランや高級住宅が建ち並ぶ赤坂ですが、足下の道は江戸時代からほとんど変わっていません。 江戸の古地図さながらのこれら細く入り組んだ道を歩いて、赤坂に残る“江戸”を探しに行きましょう。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

2月26日 古地図散歩に行こう!日比谷〜芝

江戸の中でも東海道沿いで賑わった日比谷、銀座、新橋、芝を歩きます。 江戸時代ばかりではなく、明治以降の文明開化の遺跡も多く残る地域です。 古地図と現在の町とを見比べながら、江戸から東京へ移りゆく町の姿を楽しみましょう。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

京都まであるく東海道 第5期

月に1回、宿泊付きの2日連続で二川宿から池鯉鮒宿まで歩きます。
いよいよ愛知県に入った東海道は、戦国時代に徳川家康が生まれた岡崎松平家をはじめとする小豪族たちの生き残りをかけた戦いと悲哀や、この地方が育んだ食文化「赤味噌」などの三河地方の歴史と文化を見せてくれます。
ただ通っただけでは気付かないことでも、好奇心を持って歩けばさまざまなことが見えてきます。 歩くことで世界が広がる、そんなウォークイベントです。

開催日程
1回目(1月7日・8日) 二川宿(33宿目)〜御油宿(35宿目)
2回目(2月4日・5日) 御油宿〜岡崎宿(38宿目)
3回目(3月4日・5日) 岡崎宿〜池鯉鮒宿(39宿目)
参加費 各回4200円(各回の1日だけ参加の場合は2600円)

※2回目以降の途中参加もお申し込みを受け付けています!

3月11日 古地図散歩に行こう!赤坂見附〜牛込見附

江戸城外堀の門だった赤坂見附跡を出発し、北の丸公園内を通ってやはり外堀の門だった飯田橋駅前の牛込見附の跡まで歩きます。 江戸城の外堀と内堀の門の跡、それらの間にあった旗本の武家屋敷が現在どうなっているか? 江戸時代の町並みが明治以降現在にいたるまで移り変わってきた様子が、東京の町の成り立ちです。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

3月11日 古地図散歩に行こう! 田町〜赤坂

田町から麻布にかけては江戸時代には大名の中屋敷・下屋敷が立ち並ぶ場所でした。 その中でも幕末の政局の中心にいた薩摩藩と長州藩の屋敷跡を訪れつつ、かつては江戸城の外堀があった赤坂まで歩きます。 途中には史上最強の力士雷電為右衛門の墓があり、江戸時代の面影を残した坂道も魅力です。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

3月11日 古地図散歩に行こう! 江戸城外堀1

江戸の町を「の」の字形にめぐり、東京の町づくりにも影響を与えた江戸城外堀跡を5回に分けて歩く1回目です。 外堀の起点だった堀留橋から始まり、滝沢馬琴住居跡、一橋門の石垣、一石橋の迷子しるべ石など近代ビルの中に次々と現れる「江戸」は必見です。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

3月18日 古地図散歩に行こう! 江戸城外堀2

江戸城外堀の2回目は、堀が完全に埋め立てられた東京駅前から溜池山王まで歩きます。 全く堀がないにも関わらず、宝探しをするようにあちらこちらに外堀の痕跡が見つかるこの区間は、外堀跡の中でも最も面白い場所です。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

3月18日 古地図散歩に行こう! 竜閑川跡

江戸時代に掘られ戦後埋め立てられた水路「竜閑川」は、江戸の庶民の町だった日本橋地区を縦断していました。 その跡と周辺には、石町時の鐘跡、小伝馬町牢屋敷跡、蛎殻銀座の跡など見どころもいっぱいです。 江戸の庶民の生活の名残をお楽しみください。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

3月18日 古地図散歩に行こう!江戸の水路跡築地編

築地本願寺の門徒によって埋め立てられた築地とそこに廻らされた築地川。 寺を建てるために造成されたのに、その後の築地は大名屋敷や外国人居留地など時代によって激しく変遷します。 築地川の跡をめぐりながら、築地の町の変遷を見て回ります。

13:30〜16:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

3月18日 古地図散歩に行こう!日本橋南北

現在も日本の経済の中心地であり、多くのオフィスビルや飲食店があることで馴染みのある日本橋を、江戸時代の地図を見ながら歩きます。 すると、よく知った町に意外な発見が。

13:30〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之


私たちがご案内します

岡本永義
東海道・古地図散歩担当。好きなもの:地名 石垣 庚申塔 民間信仰 伝説・伝承 神さま 東海道

岡田英之
古地図散歩担当。好きなもの:江戸の生活道具 建築様式 浮世絵 刀剣・武具 民間信仰 石仏・石塔 富士塚


締切は開催前最後の平日の午後10時

迷惑メール防止設定により、携帯電話・スマートフォンへの返信メールが届かない事例が多発しています。 ご自身で設定した覚えがなくても、販売店で設定していることがよくあります。 お申し込みの際は必ず迷惑メール防止設定の有無を確認の上、設定されている場合には歩き旅応援舎のメールアドレス「info@arukitabi.biz」が受信できるように設定をお願いします。
また、お申し込みをしたのに2〜3日しても返信がない場合は、必ず歩き旅応援舎までご連絡ください。


 


©株式会社歩き旅応援舎 2013-2016

全ての画像及び文章について無断転載はご遠慮願います