東海道

ブログ
日本橋の彫刻新着!!

東海道五十三次の歩き旅において、多くの人たちが日本橋を出発点にしています。 現在の日本橋は、明治44年(1911)に架けられたものです。近代建築の旗手、妻木頼黄を装飾顧問に迎え、彼の考案によって日本橋史上はじめての西洋風 […]

続きを読む
ブログ
青い背広で ー川崎宿佐藤本陣の碑ー新着!!

東海道川崎宿は、東海道で2番目の宿場です。 東京の日本橋から東海道を始めると2番目に到達する宿場という意味でして、宿場の成立した順番からいくと53番目、つまり最後に成立した宿場です。ちなみに成立年は元和9年(1623)で […]

続きを読む
ブログ
日本橋魚河岸と松尾芭蕉新着!!

俳聖と呼ばれる松尾芭蕉。言葉遊びの色合いが濃かった俳句(発句)を、芸術の域にまで高めた江戸時代前期の文学者です。 この松尾芭蕉と日本橋魚河岸の関係ですが、実は直接的な関係については私も知りません。 ただ、芭蕉には杉山杉風 […]

続きを読む
ブログ
日本橋魚河岸新着!!

日本橋です。 当舎では東海道の歩き旅イベント「日帰りであるく東海道」のほか、古地図散歩でもいくつものコースで訪れていますので、お馴染みの場所です。 日本橋の北詰には、「日本橋魚市場発祥の地」の碑があります。 乙姫の姿をし […]

続きを読む
ブログ
広重が描いた山、あります!

先週(2024年6月26日)放送のNHK「歴史探偵」は、歌川広重がテーマでした。 江戸時代末の浮世絵師、初代歌川広重が描いた浮世絵の背景について考察する内容でした。 前半ではNHKの秋鹿(あきしか)アナウンサーが、東海道 […]

続きを読む
ブログ
「たまごふわふわ」の正体!

袋井市観光協会は、江戸時代に書かれた文献をもとに「たまごふわふわ」を復元して、町おこしに活用しています。復元されたたまごふわふわは、だし汁の中に泡立てたメレンゲが浮かんでいるような、本当に食感がふわふわな料理です。  袋 […]

続きを読む
ブログ
たまごふわふわ? ふわふわたまご?

今月の「京都まであるく東海道」では東静岡駅前から岡部宿まであるきました。 岡部宿には江戸時代に旅籠だった家屋が現存しています。平成12年(2000)からは藤枝市の施設「大旅籠柏屋」として公開されています。 平成6年まで所 […]

続きを読む
ブログ
駐車場には弁財天

東海道の御油宿近くにある国府は、かつて三河の国府があった場所です。国府の庁舎の跡も発掘されています。 その国府にある大社神社は、御油や豊橋からも信仰を集めている神社です。 境内には秋葉社や金刀比羅宮、菅原道真を祀り学問に […]

続きを読む
ブログ
10周年 長かったような、あっという間のような

2014年1月1日午前0時、歩き旅応援舎はイベントの受付を開始しました。当舎ではこれを創業ととらえています。だから2024年1月のいま、歩き旅応援舎は10周年のなのです。 はじめて開催したイベントは古地図散歩でした。竜閑 […]

続きを読む
イベント案内
京都まであるく東海道 第6期 原宿~岡部宿

お申し込みの受付を終了しました   開催日   3月2日(土)~3月3日(日) 東静岡~岡部宿   1月6日~7日の原宿~蒲原宿、2月3日~4日の蒲原宿~東静岡はお申し込み受付が終了しました。 開催時間   1日目 9: […]

続きを読む