歩いて見つける歴史と文化 旧街道へ、江戸へ、出かけませんか

東海道を歩こう!

古地図散歩に行こう!

 

「歩き旅応援舎」町あるきイベントの特徴

 観光名所よりも普通の町のおもしろさをご案内
 現地集合・現地解散 3時間で5~6km
 1人~10人程度の少人数で和気あいあい
 快い疲れと充実感が残る町あるきです
 お一人でも、ご家族とでも、あるいはお友達と誘い合わせても

お申込みをお待ちしております!

お申し込みの締切日について
お申し込みの締め切りは、原則として各イベント開催前の最後の平日の午後10時です。たとえば日曜日がに開催されるイベントの場合はその直前の金曜日、もし金曜日が祝日の場合はその前日の木曜日となります。ゴールデンウィークや年末年始のように長期間休日が続く場合には開催前最後の平日ではない場合もありますので、イベントの詳細ページでご確認ください。

 

今月開催予定のイベント

【受付終了】5/25(土)9:00~12:00
古地図散歩に行こう! 後楽園・本郷
ガイド:岡本永義

文教地区である後楽園と本郷界隈を歩きます。 もとは大名屋敷だった高台は、現在では細い路地だらけ。 この細い路地こそがこの町の特徴です。 多くの文学者もくらした町をめぐります。
参加費2000円

【受付終了】5/25(土)13:30~16:30
古地図散歩に行こう! 本郷~茗荷谷
ガイド:岡本永義

東京大学のある本郷から茗荷谷駅まで歩きます。起伏のある本郷台地の上には大名屋敷の跡も残り、明治以降には文学者も多く住んだ土地です。多くの著名人の墓のある伝通院にも立ち寄り、切支丹屋敷やしばられ地蔵のある茗荷谷へとつづく上り下りの道もこの地の特色です。
参加費2000円

【受付中】5/29(水)13:00~16:00
ウィークデイ古地図散歩 六本木細道めぐり
ガイド:岡本永義

きらびやかな印象のある六本木も、足下をみれば細い道ばかり。 これらの道は、ほとんどが江戸時代から使われ続けているものです。 今回はヒルズにもミッドタウンにも立ち寄らず、ただ六本木にある細道の由来を訪ねながら歩きます。
参加費2000円

来月開催予定のイベント

【受付中】6/1(土)9:30~17:00
京都まであるく東海道 第5期 三島宿~原宿
ガイド:岡本永義

月に1回、京都を目指して東海道を歩きます。第5期は2019年4月~6月にかけて元箱根~原宿を歩きます。箱根峠を越え、いよいよ静岡県、伊豆国へ。戦国の山城の残る箱根西坂を下ると浮世絵にも描かれた三嶋大社、水害への挑戦と挫折の繰り返しの末に生まれた沼津から原までの町。歩けばすべてのものが見えてくる東海道の旅。車や電車などの速く快適な旅では見えないたくさんの価値を、歩きながら見出していきましょう。
参加費3500円

【受付中】6/2(日)9:00~12:00
古地図散歩に行こう! 隅田川旧河口
ガイド:岡本永義

東京を代表する河川、隅田川。 この川は埋め立てにより、かつては海だったところまでが川となっています。 かつての河口部分をぐるりとめぐり、江戸と東京の町にこの川からもたらされた影響を見て歩きましょう。
参加費2000円

【受付中】6/2(日)13:30~16:30
古地図散歩に行こう! 江戸の水路跡 深川木場編
ガイド:岡本永義

江戸時代前期の埋立地が、後には材木商が建ち並ぶ町となった深川木場。今は多くが埋めたてられた材木運搬用の運河の跡地には、今も当時の面影が残っています。「水路」の跡という観点から深川を見てまわります。
参加費2000円 

【受付中】6/4(火)14:00~17:00
ウィークデイ古地図散歩 江戸城外堀5
ガイド:岡本永義

江戸城外堀を一周する最終回は、水道橋から隅田川まで歩きます。現在の神田川が、かつては北辺の外堀でした。江戸の町の形成に一役買った駿河台や、江戸の守り神であった神田明神などをめぐりながら、外堀の終着点の隅田川を目指します。
参加費2000円

【受付中】6/8(土)13:30~16:30
古地図散歩に行こう! 新国立競技場→雷門マラソン5
ガイド:岡本永義

再来年に東京で開催されるオリンピックのマラソンコース周辺はどのような町なのか?それを確かめるべく古地図を見ながら歩く最終回。茅場町から浅草まで歩きます。水天宮や両国橋の前をとおり、蔵前を経て一路浅草へ。本番では折り返し点となる雷門が古地図散歩の終着点です。
参加費2000円

【受付中】6/9(日)9:00~12:00
古地図散歩に行こう! 湯島~飯田橋
ガイド:岡本永義

たくさんの人が集まる神田明神と東京ドームの北側の住宅地には、不思議な神社がいっぱいです。これら江戸時代からつづく個性豊かで、それでいて一筋縄ではいかないなお寺や神社を中心に訪ねあるきます。
参加費2000円

【受付中】6/9(日)13:30~16:30
古地図散歩に行こう! 九段~番町
ガイド:岡本永義

九段から千鳥ヶ淵をへて番町へと歩いて行きます。かつての旗本屋敷街は靖国神社やオフィスビル、学校や大使館など多彩な側面を見せる町へと変貌を遂げています。この町で歴史上の人物ゆかりの地や多くの坂道を訪ねて歩きます。
参加費2000円

【受付中】6/15(土)9:00~17:00
京都まであるく東海道 第3期 大磯~国府津
ガイド:岡本永義

月に1回、京都を目指して東海道を歩きます。第3期は4月から6月にかけて藤沢宿~二宮駅を歩きます。松並木が続句道を進み、海沿いへと出る東海道。過去に幾多の事件の起こった相模川を渡り、多くの歴史上の人物が別邸を設けた大磯へ。歩けばすべてのものが見えてくる東海道、相模国まっただ中、かつては国府も置かれた地域で、古代からつづく道のすがたを確かめに行きましょう!
参加費3000円

【受付中】6/16(日)9:00~12:00
古地図散歩に行こう! 丸の内・大手町
ガイド:篠原匡朱子

近代的なビルの間にきれいに整備された広い道路が広がる美しい町、丸の内と大手町。江戸時代には大名屋敷街だったこの場所が、どのようにして今の町に変わっていったのでしょう? 江戸、明治、大正、昭和をへて現在の姿に変わっていった丸の内と大手町を、古地図を見ながら解き明かしていきましょう。
参加費2000円

【受付中】6/16(日)13:30~16:30
古地図散歩に行こう! 神保町~市ヶ谷
ガイド:岡本永義

北の丸公園をはさんで、その東側と西側を歩きます。もともと武家屋敷だった場所が、現在はどのようになっているのか? 明治以降の時代をはさんで変遷した町のようすを見て回ります。北の丸公園では、訪れる人もすくない場所も歩きます。あまり知られていない千代田区の姿を見に行きましょう。
参加費2000円

ブログ・歩き旅応援舎営業中!

「京都まであるく東海道」第2期

月に1回ずつ歩いて京都を目指す「京都まであるく東海道」第2期、4月から6月にかけて3回にわたって開催しました。 …

大きな玉ねぎの下で・・・

日本武道館です。 現在、東京オリンピックに向けて改修工事中です。 爆風スランプの歌う「大きな玉ねぎの下で」がか …

夏の外歩き

  夏 で す !   暑い日は薄着をするのは当たり前、できれば半袖短パンで過ごしたくなり …

建設工事と文化財

東京オリンピックが近くなったこともあり、都内ではいま、多くの建設工事が行われています。 千代田区や中央区など江 …

「京都まで歩く東海道」第1期が終了しました

今年の1月14日に日本橋をスタートした「京都まで歩く東海道」、おかげさまで定員に達するほどのたくさんのお申し込 …

東海道五十三次 四百年の歴史をあるく
税込み価格 \1620
歩き旅応援舎代表 岡本永義著

イベント案内メール

登録フォーム

週末に開催予定のイベントの案内を概ね水曜日ころ発信しています。受信ご希望の方はこちらにメールアドレスを入力してお申込みください。

【注意】
メールアドレスに間違いがないかよくご確認ください。
携帯電話の場合は「info@arukitabi.biz」を受信リストへの登録をお願いします。

 

PAGETOP
Copyright © 歩き旅応援舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.