江戸の古地図を見ながら東京を歩く、日本橋から京都三条大橋まで東海道を歩くなどのガイドイベントを開催。土日祝日開催で現役世代向け、オリジナルで詳細なガイド、リーズナブルな料金で他では体験できない街歩き、街道歩きを実現。代表岡本永義

「歩き旅応援舎」町あるきイベントの特徴

 都内ならば1人でも歩きたい人がいれば開催
 料金はリーズナブル
 前日までお申込み可能
 観光名所や史跡にとらわれない町歩き
 現役世代による未来づくりのための外歩きイベント

歩き旅応援舎の理念とは →

感染症再拡大防止のための3つのお願い

  1. 体調の悪い時は遠慮なくキャンセルを
  2. 他の人と近接するとき、会話をするときはマスクを着用してください
  3. マスクをせずに話している人には近づかないでください

屋外の全イベントにおいて、受付時にお客様の手の消毒と体温測定、口頭による体調チェックを行っております。

歩き旅応援舎における感染症対策の取り組み →

今月開催予定のイベント

【受付終了】11/6(日)9:00~12:00
歩き旅応援舎古地図散歩 墨東運河往復5 竪川前編
ガイド:岡本永義

江戸時代前期に開かれた運河・竪川沿いに歩きます。赤穂浪士や勝海舟にもゆかりの竪川。多くの著名人が人々が暮らし、いくつもの事件の舞台ともなってきたその川沿い地域。本所の開発による開削から一部が暗渠となった現在までの変遷を、町の様子とともにたどります。
参加費2500円

【雨天中止】11/23(水)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 墨東運河往復6 竪川後編
ガイド:岡本永義

江戸時代前期に開かれ、江戸と東京の町の繁栄を築いた運河を歩く最終回。暗渠となった竪川の様々な利用法、工場跡地の再開発、都電の跡地や現在も都内で唯一稼働しているディーゼル単線など、現在の東京ができあがるまでのいきさつが濃厚に生きている運河周辺を、錦糸町から旧中川まで歩きます。
参加費2500円
雨天予報のため中止しました

【雨天中止】11/26(土)14:00~14:30
初めての人のためのお試し古地図散歩 飯田橋編
ガイド:岡本永義

歩き旅応援舎の古地図散歩イベントがはじめてのみなさまのための試供版の古地図散歩です。30分ほどかけて飯田橋駅周辺を歩きます。歩き旅応援舎の古地図散歩に、これまで一度もお申し込みをしたことのない人が対象です。
参加費無料
雨天予報のため中止しました

来月開催予定のイベント

【受付中】12/3(土)9:00~16:30
日帰りであるく東海道 第2期 戸塚宿~藤沢宿
ガイド:岡本永義・森戸 泉

月に1回、東海道を歩きます。第2期は3回にわたって生麦~藤沢宿へと歩きます。開国の地神奈川宿から、起伏に富んだ道が続きます。谷間の町、保土ケ谷宿と戸塚宿、尾根の立場だった境木や原、さらに新開発された東戸塚などを経て、最後は時宗総本山遊行寺のある藤沢宿まで歩きます。(生麦~戸塚宿は終了しました)
参加費3500円

【受付中】12/4(日)~12/30(金)
歩き旅応援舎古地図散歩 江戸城外堀1~5
ガイド:星野多慧

5回に分けて江戸城外堀を一周します。一部だけのご参加も可能です.江戸の町を形作り東京の町づくりにも大きな影響を与えた外堀を歩き、東京のなりたちを知る「町」に着目した町歩きです。史跡巡りや歴史散策にはない楽しさを体験してください。
参加費2500円

【受付中】12/4(日)10:00~10:30
初めての人のためのお試し古地図散歩 虎ノ門編[無料]
ガイド:岡本永義

歩き旅応援舎の町歩きイベントが初めてのみなさまのための試供版の古地図散歩です。30分ほどかけて虎ノ門駅周辺を歩きます。歩き旅応援舎のイベントに、これまで一度もお申し込みをしたことのない人が対象です。
参加費無料

【受付中】12/4(日)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 墨東運河往復6 竪川後編
ガイド:岡本永義

江戸時代前期に開かれ、江戸と東京の町の繁栄を築いた運河を歩く最終回。暗渠となった竪川の様々な利用法、工場跡地の再開発、都電の跡地や現在も都内で唯一稼働しているディーゼル単線など、現在の東京ができあがるまでのいきさつが濃厚に生きている運河周辺を、錦糸町から旧中川まで歩きます。
参加費2500円

【受付中】12/4(日)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 江戸城外堀1 堀留~東京駅
ガイド:星野多慧

城の一部であるにとどまらず、江戸の町の基礎となり現在の東京の町のなりたちにも大きな影響を与えている江戸城外堀。第1回は外堀の起点の掘留から東京駅前まで。アップデートされ続ける東京を「町づくり」の視点から外堀周辺を歩きます。
参加費2500円

【受付中】12/10(土)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 江戸城外堀2 東京駅~溜池山王
ガイド:星野多慧

江戸と東京の町に大きな影響を与えた江戸城外堀を歩く2回目。東京駅前から溜池山王まで。埋め立てられ消えた外堀の今も残る痕跡を探して歩く、宝探しのようなコースです。ビルが建ち並ぶ現在の町のどこに外堀が隠れているのか、その目でお確かめください。
参加費2500円

【受付中】12/11(日)9:00~16:30
日帰りであるく東海道 第3期 大磯宿~国府津
ガイド:岡本永義

月に1回、東海道を歩きます。第3期は3回にわたって藤沢宿から国府津駅へと歩きます。小栗判官伝説の藤沢、皿屋敷の元ネタのある平塚、曾我十郎と虎御前の悲恋が伝わる大磯など、海沿いの道には様々な物語が残されています。最後は親鸞聖人が湘南布教の拠点とし、初期の鉄道のターミナルだった国府津まで歩きます。(藤沢宿~茅ヶ崎は終了しました)
参加費3500円

【受付中】12/17(土)~12/18(日)10:30~16:30
京都まであるく東海道 第7期 二川~国府
ガイド:岡本永義

月に1回、東海道を歩きます。第7期は東海道を歩く上での転機といってよいでしょう。天竜川や浜名湖の渡し場跡、現存する関所建築、脇本陣、海を見下ろす高台の景観などを過ぎた先では、ついに長かった静岡県を抜けるのです。その先は愛知の三河地方、巨大な本陣建築や今川氏が三河攻略の拠点とした吉田城なども訪れます。東海道、いよいよ佳境です。(磐田~高塚は終了しました)
参加費5500円

【受付中】12/17(土)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 江戸城外堀3 溜池山王~四ツ谷
ガイド:星野多慧

東京の中心部をめぐっている江戸城外堀を歩く3回目。溜池山王から四ッ谷まで。赤坂の料亭街・飲食店街がでできたのは外堀のおかげ。勝海舟も住んだ赤坂の町とともに、今も残る外堀の城門の石垣や土塁、大名庭園などを歩いてめぐります。
参加費2500円

【受付中】12/24(土)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 江戸城外堀4 四ツ谷~水道橋
ガイド:星野多慧

江戸と東京の町に大きな影響を与えた外堀を歩く4回目。四ッ谷から水道橋まで。現在も残る外堀に沿ってJRがあるのはなぜ? そして外堀沿いに連なる坂道には、様々な名前や言い伝えがある理由とは? これらの意外な真相が、江戸城外堀を歩くつ見えてきます。
参加費2500円

【受付中】12/25(日)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 墨東運河往復6 竪川後編
ガイド:岡本永義

江戸時代前期に開かれ、江戸と東京の町の繁栄を築いた運河を歩く最終回。暗渠となった竪川の様々な利用法、工場跡地の再開発、都電の跡地や現在も都内で唯一稼働しているディーゼル単線など、現在の東京ができあがるまでのいきさつが濃厚に生きている運河周辺を、錦糸町から旧中川まで歩きます。
参加費2500円

【受付中】12/30(金)13:30~16:30
歩き旅応援舎古地図散歩 江戸城外堀5 水道橋~柳橋
ガイド:星野多慧

江戸城外堀を歩く最終回は水道橋から隅田川まで。かつて神田川は外堀の一部でした。大都市だった江戸を支えた上水道の跡や、神田の書店街ができるきっかけとなった駿河台、東京の守り神である神田明神など、すべて外堀沿いにあります。最後は隅田川まで歩いて外堀一周の完成です。
参加費2500円

web古地図散歩

外出自粛が要請されている今、ウェブで古地図散歩を楽しみましょう。実際に歩く「古地図散歩に行こう!」を豊富な地図と写真で再現しました。配付資料付き。各コース初回のみ無料、2回目以降は有料です。

 「本郷~茗荷谷」コース
 初回は無料
     各180円
 全回一括購入(マガジン) 600円

 「丸の内・大手町」コース
 初回は無料
      各150円
 全回一括購入(マガジン) 600円

 「若松河田~江戸川橋」コース
 初回は無料
      各150円
 全回一括購入(マガジン) 600円

 

世界一詳しい東海道歩き方ガイド(仮題)

noteで有料公開を始めました。独りで東海道を歩きたい人向けに、東海道を歩きながらスマートフォンで情報を得られるように作りました。

世界一詳しい東海道歩き方ガイド1 日本橋~品川宿編 250円

【マガジン】世界一詳しい東海道歩き方ガイド1~5 1000円
※現在は1の日本橋~品川宿しかありませんが、順次2~5を追加します。

東海道五十三次 四百年の歴史をあるく
税込み価格 \1650
歩き旅応援舎代表 岡本永義著

参加者様からの感想

    イベント&グッズ案内メール

    会員登録

    イベントの開催予定とグッズの販売情報をメールマガジンで発信しています。受信ご希望の方はネットショップ「歩き旅応援舎グッズ販売」に会員登録をお願いします。

    【登録手順】
    この一文をクリックして新規会員登録画面を開き、メールアドレスを入力して「送信する」をクリック。届いたメールのURLを開いて、パスワードを登録します。そのとき「ストアからのメールマガジン」を必ず「ON」にしてください。


    【登録時の注意】
    メールマガジンの受信だけでしたら、グッズの購入もメールアドレス以外の情報の登録も必要ありません。
    また、新商品や割引セールの案内が不要な場合は「セールや新着情報のお知らせ」を「OFF」にしてください。

    【解除手順】
    ログイン→マイページ→アカウント設定→メルマガ配信設定と進み、「ストアからのメールマガジン」を「OFF」にしてください。

    PAGETOP
    Copyright © 歩き旅応援舎 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.